エビネランなどを栽培している高天山草園(たかまさんそうえん)のホームページです。

高天山草園概要

 

・当園について

 

御所市の高天彦神社の東向かいにありますこの山草園は、

3月の桜に始まり、5月初旬頃からシャクナゲ(約60本)

続いてエビネラン(2000株)、ツツジ、さつきが同時に杉木立の中で

色鮮やかに咲き誇ります。

 

花木、草花共に約50種類を植えてあります。

 

当園は夏でも涼しく、草花鑑賞以外にも森林浴を楽しんで頂けます。

 

 

高天彦神社まで来ているのに、場所がわからずお困りの方へ

手前50mで駐車場の入り口がございます。(Pの看板あります)

 

公共の交通機関では大変不便なところにあります。

お車でなるべくお乗りあわせの上、ご来園ください。

フェンスがありそこが入り口です。

フェンスに設置してある郵便受けを利用した料金入れに入園料を入れて

ご自由にお入りください。

休園日はありません。

 

2015年度より入園料は300円

中学生以下無料

かづらき煌ネットワーク会員(ご本人様のみ)無料

入り口は無人ですので、小銭をあらかじめご用意の上、お越しください。

 

当園は個人の所有山林地での個人の運営です。

2018年の春に誘導看板を設置する際に、せっかくなのでと許可を得て「橋本院」様も同じ看板に入れさせていただきました。

が、全く別の運営でございます。

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

 

※お知らせ

開花お知らせを希望される方へ

はがきでのお知らせからメールでの申し込みに変更になりました。

takamasansoen@yahoo.co.jp

まで、件名に「開花お知らせ希望」

としてメールをお送りくださいませ。

 

当園の多くはエビネランですので主にエビネランについての

お答えになります。

あらかじめご了承くださいませ。

 

 

 

・2018年、初めてのパンフレットを作成いたしました。

金剛エビネランの写真が間違っておりました。

また来年度作成し直しますので、またご来園の時お持ちくださいませ!

 

 

※大切なお知らせ

 

毎年、沢山の方にご来園頂き、感謝申し上げます。

ですが、残念ながら一部の方が入園料を入れておられないようです。

三脚を立てられて(他では許可されないことです)、駐車場料金も無料の個人経営の高天山草園です。物好き、酔狂でやっていると思われているかもしれません。

入園料は大切なお花の手入れ料ですので、どなた様からも分け隔てなく頂きませんと、今後維持するのが難しくなってしまいます。

(草は生え放題、花はなくなり仮設トイレのリースもできません)

現実問題、管理者の高齢化により、お花も何年か前の方が良かったと言う声もあります。

個人の私有地に入って来ているという事を再認識して頂き、必ず小銭をご用意の上、ご来園頂きますようお願い申し上げます。

 

 

              高天山草園 園主 森村宗光

 

2017年5月19日の画像です。

2017年5月9日の園内の開花状況

上に表示された写真は2017年5月9日に撮影したものです。

イメージですので、ご参考になさってください。

お知らせ(2019年5月5日)

 

大変ご迷惑をおかけしておりましたが、ようやくエビネランが5~7分咲きになりました。

急に気温も上がり、開花が一気に進む可能性がございます。

 

またご都合に合わせてご来園いただけましたらうれしいです。

その他のお問い合わせは開花お知らせメールに件名に内容を書いていただき、お送りください。なるべく早くお返事させていただきます。

What's New

2019年度より3分咲きの頃にメールをお送りする企画を始めました。

メールでお申し込みください。

takamasansoen@yahoo.co.jp

宛まで開花お知らせ申し込みと件名に記載の上、メール送信をお願い申し上げます。

今年よりはがきはお送りしませんのであらかじめご了承をお願い申し上げます。

     

※連絡先

行き方、根掘り苗など

‭090-3035-0465

 

花の名前、詳しい開花状況

090-3873-8372

 

メールでのお問い合わせ

takamasansoen@yahoo.co.jp

のみになります。

携帯のメールをご利用の方は受信許可アドレスにご登録をお願いします。

 

 

開園時間:特に設けておりませんが、なるべく暗くならない間にお戻りください。

(保安上のため、暗がりですと足元がわかりづらく転倒、怪我の危険があります)

入園料:大人300円

かづらき煌ネットワーク会員無料

中学生以下 無料

 

「高天彦神社」

を目印にしてください」もしくはナビで設定してくださいとお願いしています。

徒歩の方に誤解を与えがちなのが、鳥居にしめ縄だけの高天彦神社と書いた場所で、そこから山の中の道を来られてしまうことがあるそうです。

 

大変危なく、道も途切れたりしています。

詳細をお伝えしきれなかったことをお詫び申し上げます。

鳥居だけで本殿が見えないところを通り越して歩くと景色が開けて見えてきます。

今年から看板も設置いたしました。

橋本院→

高天山草園 ←200m

尚、当園は橋本院様の檀家ではございますが、運営はまた違います。

地域の観光活性化の為に看板に併記させて頂きましたので、ご理解をお願いします。